BOOKS出版物

NEWJapan-China Relations in the Modern Era

Japan-China Relations in the Modern Era

Ryosei Kokubun, Yoshihide Soeya, Akio Takahara, Shin Kawashima
Translated by Keith Krulak

Published by Routledge | Hardcover | ISBN 978-1-138-71491-5 | 250 pages | 234mm (h) x 156mm (w) | March 2017

日中関係史

日中関係史
国分良成 (著), 添谷芳秀 (著), 高原明生 (著), 川島真 (著)
有斐閣 刊

eBooks

books

内容紹介

日本と中国の間には、有史以前からの長い交流がある。日本は長く中国文明から多くを学んできたが、近代以降はむしろ中国が日本から学ぶようになった。しかし21世紀に入り、2010年 には中国は国内総生産 (GDP) において日本を抜き、世界第2位に踊り出た。こうした中国の急速な台頭と日中間のパワーシフトが叫ばれる中で、両国間の摩擦が増大し、相互のイメージも悪化する傾向にある。

 日中関係は、どこから来て、いまどこにあり、どこへ向かおうとしているのか。めまぐるしく変転する日中関係の中で、確固たる視座を確保するためには、まず歴史をしっかりと抑えておくべきだ、という強い思いを著者4人は共有する。第一線の研究者が、主に政治関係史の視点から1949年の中華人民共和国成立以前の日中関係を概説した上で、1949年以後の日中関係を分析・解説する。英語版刊行に際し、2012年から2015年までを扱う章を追加。