IMG_1720.JPG

読書を通じた生涯学習社会への参加

 一般財団法人出版文化産業振興財団では、読書を通した国民の生涯学習推進・読書活動の推進のため、平成5年より「JPIC読書アドバイザー養成講座」をスタートさせました。

 毎期カリキュラムを更新し、常に「本」と「読書」の魅力を掘り下げる多彩な講座内容を提供しております。「印刷と製本」「出版と流通」「情報収集と検索」「著作権」「読書推進運動」等、各分野の第一人者である講師陣の下、スクーリングとレポートの組み合わせで体系的に学んでいただきます。

 受講される皆さまには、自己の教養を高めるとともに、地域のサークル活動や企業における社員教育の一環、または子育てなどで創造的に「読書の効用」を活かした読書推進活動を実践していただきたいと考えております。

 本講座修了生の自主運営組織である「JPIC読書アドバイザークラブ(JRAC)」の会員は期を重ねるごと増加しています。会員同士の日頃の活動の情報交換をはじめ、学習会や各種研究会の開催、通信の定期発行、その他業界内外のさまざまな企画を通して活発な取り組みをおこなっており、新たな読書推進のモデルとなる事例も数多く生まれています。

 これから本講座を受講される皆様が、同じ目的意識をもつ多くの方々とともに、地域における読書推進のリーダーとなり、豊かな生涯学習社会の創造に多大な役割を担われますことを、心より期待申し上げます。

読書アドバイザーとは何か

「JPIC読書アドバイザー」という名称は一般財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)の造語です。一般の辞書には載っていない言葉です。

「読書アドバイザー」をひと言でいうならば、本と読者をつなぐ仕事であり、それを担う人びとです。読書についてアドバイスするだけでなく、本と読書に関するさまざまなことに助言・提言をおこない、読書環境の向上につとめます。また、アドバイザー自身もつねに本や読書について関心を持ち、読書を続けます。

 といっても、堅苦しく考える必要はありません。本について困っている人の手助けをする、読書の楽しさを分かち合う、読書の楽しさを伝える。それが読書アドバイザーの役割です。かならずしも外に出て積極的な働きかけをしなければいけない、というわけではありません。できることを、無理のない範囲で、肩の力を抜いて、おこなっていきましょう。


◆公式テキスト第一巻『本が手に届くまで』
 「読書アドバイザーとは何か 講座を修了してからのヒント」(永江朗/著)P.44より引用

読書アドバイザー制度の目的

  • 読書を通した生涯学習の新たな分野を開拓する
  • 読書の楽しみを研究し読書推進活動を実践する
  • 読書を通して自己表現する活動の場を創造する

◆以下、『本が手に届くまで』「読書アドバイザーとは何か 講座を修了してからのヒント」
 P.50より引用

 一人の読者としては、本を選んで読んだところで完結しますが、読書アドバイザーの仕事はむしろそこから始まります。読んだ本を伝えるのが読書アドバイザーです。伝える方法はさまざまです。直接的に文章や口頭で「こういう本がある」と伝える場合もあれば、イベント等を通じて間接的に伝える場合もあるでしょう。伝えるメディアも、書籍や雑誌、新聞などの紙媒体もあれば、テレビやラジオなどの電波メディア、ブログや動画サイトなどのウェブメディア、SNSなどさまざまです。


■【7つのポイント】

1.「本」と「読書」について体系的に学ぶ
 読書・編集・印刷・装丁・書評・図書館など、本に関わるあらゆるテーマに触れ、つながりを把握し、広い視野で出版界・読書環境を俯瞰します。
進化・発展する業界の最新情報もお知らせします。
※スクーリングの詳しい内容についてはコチラ
2.各分野のエキスパートが講師に
 各分野で活躍するエキスパートをスクーリングの講師に迎え、丁寧にわかりやすくお話しします。
※講師・テキスト執筆者の詳細はコチラ
3.多彩な実習
                  
●グループディスカッション......読書や本に関わる課題を設けグループごとに討議し、
プレゼン形式で発表します。
●装丁実習......文庫本をハードカバーに仕上げます。装丁家の岡本幸治氏の丁寧な指導の下、
 世界で一冊の本を作ります。
●書評講座......課題本を読み、全員が書いた書評を豊﨑由美氏とともに読んでいきます。書評
 を書く力、読む力を養います。
※装丁実習と書評講座は希望者のみ
4.本好きの仲間と出会える
 北海道から沖縄まで、毎年全国から受講生が集まります。みんな同じ「本が好き」という共通点で集まっていますので、和気あいあいとした雰囲気の中で"仲間"になっていきます。
「普段あまり本の話をする機会がなかったけれど、ここでたくさんの仲間と出会えた」
「日々の業務やボランティア活動で悩んでいたことを話しあえる友人ができた」
 そうした出会いが生まれる場所が「JPIC読書アドバイザー養成講座」です。
5.独自のテキスト
 全3巻と電子テキストから成る当養成講座のテキストは市販されていません。専任講師・永江朗氏の監修の下、JPICが編集したオリジナル・テキストです。
 スクーリング内容に沿って『本ができるまで』『本を取り巻く現状』『読む・調べる・伝える』の3巻に編集し、読み物としても充実した内容になっています。
 127×188mmの四六版でコンパクトにまとまっており、カラフルで洗練されたデザインの表紙に仕上げています。
※テキストの詳細についてはコチラ
6.充実のオプショナルツアー
 国立国会図書館や印刷博物館など、本にまつわる場所を見学します。
 普段なかなか目にすることのない流通や印刷の現場、工夫とこだわりを持つ街の名物書店を巡る書店ツアーなどを企画しています。
※自由参加。ツアーの内容は毎年異なります。ご案内は受講生に随時お知らせします。
7.講座修了後のネットワーク
 当講座を修了した受講生たちが自主的に集まり、有志で作った自主運営団体「JPIC読書アドバイザークラブ(JRAC:ジャラック)」も、既に26年以上活動を続け、修了生の増加とともに全国でその活動の幅を広げています。
 継続的な勉強の場を持ちたい、交流し続けたい、という修了生の願いから作られたJRACは、「JPIC読書アドバイザー」となった修了生を、修了期を超えてつなげ、新たな出会いを生み出し続けています。

後援団体

一般社団法人 日本書籍出版協会、一般社団法人 日本雑誌協会、一般社団法人 日本出版取次協会、
日本書店商業組合連合会、公益社団法人 読書推進運動協議会、公益財団法人 文字・活字文化推進機構、一般財団法人 日本児童教育振興財団、一般社団法人 日本児童図書評議会(JBBY)、日本児童図書出版協会

ページの先頭へ戻る